today






日高ダイビングセンター 〒649-1225 和歌山県日高郡日高町方杭(かたくい)100番地
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
today

    スナビクニンyg

    気  温:最高:15.0℃

    水  温:14~15℃

    透明度:8m

    風向き:北北東1m~南南東3m

    天 気:晴れ

     

    今シーズンは海藻の時期が少し遅れていて

    ようやくあちこちで大きく生い茂ってきました

    ワカメ系も葉っぱは十分に大きくなっていますが

    根元のメカブ部分はまだまだ小さ目なのも多く

    これからがピークといった感じですね

     

    そんなわけでワカメのメカブ部分で見れる

    スナビクニンもようやく登場です

     

     

    1cmもないくらいの小さな幼魚でカワイイですが

    見慣れていないとなかなか分かりにくいのが難点です

    そのうち普通サイズのスナビクニンも見れるようになるでしょう

    春濁りが入って来たと思っていましたが

    透明度自体はあまり落ちることなく8m前後をキープしていますよ

     

     

     

    須江ダイビングセンター

    ↓ 須江録はこちら

    sue_logo

    気  温:最高:12.5℃

    水  温:ビーチ14℃

    透明度:6m~8m

    風向き:南南西1m~北西6m

    天 気:晴れ 時々 くもり

     

     

    今までも浅いエリアでキヌバリは見れていましたが

    今シーズンは特にたくさん見ることができています

     

     

    オープンサイトビーチの水深-6~7mくらいの

    砂地からゴロタの変わり目のあたりが多く見つかります

    まだまだ小さな幼魚が多く何匹かの群でいますね

    春の季節は海藻近くに小魚たちが集まるので

    いろいろ探すのもこの辺りがおすすめです

     

     

     

    須江ダイビングセンター

    ↓ 須江録はこちら

    sue_logo

    ミズヒキガニ

    気  温:最高:11.0℃

    水  温:15℃

    透明度:6m~8m

    風向き:北西7~6m

    天 気:晴れ

     

     

    今日は北西の風が強く吹き海も荒れていましたが

    なんとかボートも出港できました

     

    水中は植物プランクトンが増え春濁りのような感じですが

    そこまで透明度は落ちておらずまずまずのキレイさです

     

    ミジン畑の砂地では海藻にくっつくミズヒキガニが見れています

     

     

    冬場の水温が下がったときに浅場にやってくるカニで

    図鑑には生息水深が300mの記載もありました

    脚の一部を使ってシロガヤなどを持つのが特徴のカニ

    水温が上がるとどこかに行ってしまうのかな~

     

     

    須江ダイビングセンター

    ↓ 須江録はこちら

    sue_logo

    気  温:最高:14.0℃

    水  温:14~15℃

    透明度:6m~8m

    風向き:南東6~7m

    天 気:雨

     

     

    しばらく透明度が良く青い海でしたが

    徐々に春濁りが始まってきて水中も緑っぽくなってきました

    それでもまだそこそこの透明度はキープしていますが...

     

    ミジン畑のミジンベニハゼは冬の一番冷たい水温を

    無事に乗り越えてくれました

    まだ低めの水温なので活発ではありませんが

    たまに入口まで出てきてくれて顔を見せてくれます

     

     

    例年だとあと1ヶ月ほどでミジンベニハゼがミジン畑に集まってきて

    ペアを作ったりするので期待しましょう

    昨年の台風で散り散りに飛ばされてしまったミジンたちが無事だといいなぁ

     

     

    須江ダイビングセンター

    ↓ 須江録はこちら

    sue_logo